下ネタが言いたい!生でしたい!結局どうすれば良いんだ?

セクハラを求めている女を抱くための心得とは?

Hしたいときの心得

世の中は、まさに男女が触れるなんて言語道断かのような社会になりつつあると気づいている人も増えています。

 

それは、会社や大学、病院などなど言い出したらキリがないですよね。
ですが、そんな触れない社会環境を他所に実はちゃんと裸同士のお付き合いが出来ている男性もそれなりにいるわけです。

 

なぜ、セフレがいる男がいるのか?

 

実は場さえわきまえておけば、下ネタを言ったり身体を触ったりし放題なんですよね。

 

例えば会社経由の呑み会では、女の子は仕事の延長線上と考えているのでまず難しいです。

 

よっぽどの権力や相手から好かれていれば話は別なのかもしれないですけどね。

 

ですが、一番効率の良い出会いはやはりサイトを使うことに限るわけです。

 

まさかサイトで出会った二人が何もしないまま終わるわけもなく、堅物の男性でも女の子に探りの背中に手を回したり手を繋ごうよ!と言ってみるなんてこともしてOKなのです。

 

簡単に言えば、”伝えること”こそが出会う近道なのです。

 

嫌われるだろうと思えるようなこと(≒Hしたい)を言わないでいるのは身体に悪く相手もその気で来ていますからね。

 

ただし、女性から誘ってくれることはまずないですので、やりたいことを男性が伝えてあげることで、女性も同じ行動をとってくれるようになるんですよね。

 

つい緊張しちゃって出会ってもなんにもできずに終わったことがある私が言うのですから間違いないですよ。(笑)

page top