街中でナンパするよりネトナンが確実!

ハッピーメールでネトナンしたら20代の人妻とハメれた体験談

 ネトナンでゲットしたのが、清楚系なのにスケベな26歳の人妻でした。
俺が生活しているのは、宮城県仙台市。
仙台市内にも、エロい女はたくさんいます。
セックス大好きなビッチと知り合うために、便利に活用しているのが出会い系のハッピーメールです。

 

ネットでは結構な優良サイトとか紹介されてあったので、ものは試しにと使ってみたのです。
さすがに、タダで使えるナンネットやLINESNSに比べてみれば、毎月1,000円はサイトに突っ込まないといけない状態なのは確かですけどね。

 

その変わり、女性が出会う気持ちが無料SNSより全然違うことに気づいてしまったのです。
また、無料SNSだと1日どんなブスでも100通はメッセージが来るようで、俺が送った所でまぐれでやりとりできた女の子がいたんですけど、
「もしかして他の男から連絡ってもらえているの?」
「うん、今日も軽く50通はもらってるよ」
「てことは、もっと多いときもあるってこと?」
「そうなの・・・100通はくることあるよ」

 

かなり引いてしまいました。
今使っているハッピーメールだと1日多くても10通以下らしく、そのおかげで既読率がとても高いことに気づいたのです。
しかも返信率が10通送れば7通はくるのでこれは会えそうだと思えたのです。

 

今回の出会いは、かなりお嬢様な雰囲気をただよう、しかし中身はドエロな茜ちゃんでした。
正直、テンションの上がるセックスになりました。

 

 今回、ハッピーメールでシンパシーを感じたのが、茜ちゃん。
結婚していて子供のいない専業主婦でした。
「それじゃ、昼間退屈してるの?」
「実は、あまりかまってもらえないから、夜も退屈してるんです」
「それ、精神的にも肉体的にも、めっちゃ体に悪くない?」
「なんですよね」
「オナニーは良くする?」
「毎日です」
これ、かなり美味しい人妻だと、この時点で思ったのです。
メールから、カカオで通話。
テレビ電話をすることにもなったのですが、可愛らしい実に上品な顔の人妻でした。
ガチで、こんな可愛い品のある女の子と、エロい話していたのって思うだけでも、激しく興奮でした。

 

 何度か、肉体関係を求めてセフレを作った経験があったようですが、今ひとつ納得ができなかったのだそうです。
「今回は、相手本位のセックスを楽しませてあげてもいいんだよ?」
「ほんと?思いっきりしてくれますか?」
「本当にヤルよ!」
茜ちゃんと待ち合わせすることになりました。

 

 マジで、何処からみてもお嬢様。
育ちがよすぎちゃって、超危険な雰囲気。
しかも、あまりにも愛らしいため、逆に緊張を始めてしまうほどでした。
そんな彼女も、愛撫を始めればすんなり女に変わって行く。
感じれば感じるほど、エロい言葉まで使い出しちゃって、中身のスケベさを思いっきり出してくれる。

 

敏感体質のようで、極度のマン汁の量。
フェラさせれば、取り憑かれたかのようにしゃぶりまくってくれちゃうし、本当に半端じゃない相手でした。
ゴム無しで、激しく中で動かしまくる。
「あんあん、良いよっ、おちんぽいいよ」なんて、言いながら喘ぎ声出しまくってくれるんですから。

 

結果的に、俺とのセックスがかなり良かったようで、継続してオマンコとチンコの友達関係を作っています。

 

(31歳・修理工・辰則)

page top