ガラケーのままで熟女と出会えるサイトと出会うための方法

ガラケーが今も使えて熟女と会えるサイトを知りたいと思いませんか?

 

さすがに今現在はガラケーはどのキャリア(au、SoftBank、docomo)も大きく販売台数を落としていて、MMD研究所によれば、2018年8月の調査結果では18.1%とかなり割合を落としている状態にまでなってはいますが、まだまだ利用者はおりますし、メールと電話さえできれば良いと言う方の根強い人気があります。

 

さすがにそれだけだとどことなく虚しくなりますからね、そこで同世代の熟女と出会えるサイトがあれば、それを使ってみたいと思うのは自然な流れですよね。

 

今使える出会い系サイトは、

 

ハッピーメール

 

ハッピーメール

 

ワクワクメール

 

ワクワクメール

 

の2サイトは利用可能です。

 

・PCMAXは2018年にはすでにスマホ・アンドロイド携帯・パソコン(タブレット)のみに移行しています。

 

 

ではまずガラケーの欠点を見ていくことにします。

 

最大の欠点は、LINEが使えないことですね。

 

これは出会い系サイト内でそこそこ仲良くなったら個別で連絡先の交換を行うのですが、LINEID交換が全体9割以上を占めています。

 

ですので、ガラケーのままだとLINEを使うことができないため、例えば、Gメールやヤフーメール、もしくはキャリアのメールアドレスの交換をしてそちらでやりとりをしていくしかないです。

 

もし、パソコンがあればLINEを利用することができるので、そこでやりとりすれば良いのですが、出会うまでには、携帯電話番号かまたはその他のメールアドレスなどで連絡先を知らせておくか、またはサイト内で連絡を取り合うことになります。

 

サイト内でやりとりをすると、通常1メッセージあたり50円分のポイントを消費していきますので、せっかく個別の連絡先を交換しているのにまたポイントが消費されるのは悔しい・・・と思う人もいるかもしれません。

 

さて、熟女を狙っていくのであれば40代・50代・60代を狙うと良いですね。

 

今は、中高年世代も昔のようにおばあさんのような容姿ではなくて、まだまだ若々しい感じの女性が増えてきています。

 

また、暇な人が多く出会うのに割とスムーズに会ってくれやすいのも特徴の1つですよ。

 

それは、すでに高校や大学または資格専門学校などを卒業していたり、今は会社でもずっと居続けるということが少なくなってきているので、知り合いを作りづらくなっているためです。

 

男性の場合なら一人でいる方が良い!という人はいると思いますが、女性は誰かと一緒にいたい気持ちが人一倍強いですからね。

 

それは、すでに子供が独立しているシングルマザーや、独身の熟女でも同じですよ。

 

ですので、まずは誰でも良いと思っていたり、できるだけ年齢が近い人と会いたいと言うのであれば、熟女狙いをされておけば、「俺、ガラケーなんだけど、電話番号かメールアドレスの交換でいいかね?」と言ってみても、OKしてもらいやすいですよ。