華の会メールで30代の熟女を誘うための料金はどれくらいになるの?

華の会メールと言えば、30歳からしか会員になることを許されていないまさに中高年の男女が出会う場です。

 

では、30代の熟女を年上の男性が狙ってみた場合には、どれくらいの料金でLINEIDをまずは手に入れることができるのかと考え込むこともあるでしょう。

 

華の会メールでは、1メッセージのやりとりが100円分のポイントを消費しながら出会うサイトになっています。
また女性1人分の掲示板をみると20円分、女性の画像を見ると60円分掛かります。

 

メッセージを送る場合はエチケットが大事!

 

「はじめまして!私は太郎と言います。私でよければ仲良くなれると良いですね。

 

仕事は会社員をしていて、年齢は41歳です。素敵な方だと思ったのでメールしてみました、よろしくお願いします。」

 

このような内容でできるだけメッセージを入れておくことが大事です。

 

なぜなら、あなたのことが分からないことが多いとLINEIDの交換をしようとしてくれるまで回数がその分掛かるようになるためです。

 

平均的に5〜7回ほどやりとりをされると、LINEIDの交換までいける可能性はあります。

 

つい、ポイントを消費するのが嫌で嫌でメッセージのやりとりを我慢しようとする人もいますが、カップリングパーティーですら3,500円以上も掛かって参加して実際にカップルになれないこともありますからね。

 

ですので、華の会メールでは、そこまでLINEID交換にお金が掛からないことを考えるとケチケチし過ぎないことが出会うコツと言えそうです。

 

1人あたり1,500円〜3,500円分のポイントを消費してLINEIDをゲットできると考えても良いでしょう。

 

慣れてくれば、1人目の半分以下のポイントで交換できるようになりますね。

 

大切なことは粘り強くやりとりをすることですね。

 

男性は有料ですが、女性は無料で使えます。